eラーニングで、同じ説明は一度きり。

もっとも直感的で、操作がカンタンなeラーニングコンテンツ作成ソフト。
複雑な操作や、学習者に習得させたいコンテンツを「一度きりで」説明が可能です。
まるでコピーロボットが同じ解説をしてくれているような新感覚は、もう手放せなくなります。
もう「同じことは、二度言わない。」

moodleとの親和性

eラーニングのシステム(LMS)の代表格、moodleとも相性バッチリ

大学をはじめとして、各種教育機関や企業で使用されているmoodle。
このmoodleとの相性が抜群の「iTutor for eラーニング」を使用して各大学や企業様のeラーニングシステム(LMS)にコンテンツを入れることができます。
外部に頼むと高額でしかも納期もかかるコンテンツ作成。
「iTutor for eラーニング」で、その全てから開放されて、余った時間でビールを飲みましょう。
PC操作を、授業を、セミナーを、ISO認証教育を、何でもeラーニングのコンテンツをカンタンに作って、共有。
もう、今日からは「同じことは二度言いません!」

直感的な操作感

あるけど殆ど使用されることがない、iTutor for eラーニングのマニュアル。

「iTutor for eラーニング」は、充実したマニュアル(約250ページ)があるものの、それを使用する人は殆どいません。日常的に使用しているMicrosoft Officeに使用感が近く、説明を読まずともスイスイ使用することが可能です。

用語がMicrosoft製品に似ているということと、各機能のタブには直感的なアイコンがついているという点で迷うことはありません。「そもそもこの機能は何なんだ!?」というストレスが全くないように開発してあります。一緒に働いている社員やアシスタントも、その瞬間からコンテンツを作成することが出来るようになります。

「iTutor for eラーニング」によって煩わしいコンテンツ作成業務は人生の中からなくなります。コンテンツの制作時間よりも、コンテンツそのものへの推敲、充実にたっぷり時間を費やしてください。

スマホでもeラーニング

HTML5で、スマホでもらくらくeラーニング

作成したeラーニングコンテンツをHTML5形式で書き出すことができるため、PCの操作説明画面や動画を取り込んで作成した動画教材などをスマートフォンやタブレットで見ることが可能に。
今まではFlash形式に書き出すことしかできないeラーニングコンテンツの作成ツールが大半でしたが、“iTutor for eラーニング”はスマホでも見れるeラーニングコンテンツをらくらく作成可能になりました。

PC操作説明も。

自分で行ったPC操作に「説明書き」まで自動で書かれ、eラーニングになる感動

各種アプリケーションの操作や、Windowsの操作。新しく入ってきた人に操作しながらいろんな事を伝達するのは非常に生産性の低い活動になってしまいがち。「iTutor for eラーニング」は、操作の画面をアクション(選択、コピー、削除、キーボード入力やクリック等)を記録し、行った操作に「◯◯を右クリックしてください」のように、説明書きも自動でついてeラーニングコンテンツになります。

eラーニングのコンテンツ形式(SCORM)に自動的に書き出されるので、moodleはもちろん、あらゆるeラーニングの形式にコンテンツを追加することができます。

動画、静止画、操作シミュレーション等さまざまな形式に書き出すこととができる上、旧来のFlashによる表現だけではなく、Flashがない環境(例えばスマホやタブレット)でも、ユーザーは作成されたコンテンツを見ることができます。

ワードにも、パワーポイントにも

Word、Excel、PowerPoint、PDF、スライドショー、何にでも変換・出力
  • 書類の典型、Microsoft Word。「iTutor for eラーニング」で作成したコンテンツを、ワードでも調整可能で、自在な教材やマニュアルが作成できます。

  • Excelにも出力可能で、表計算の説明を伴う書類や、Excelの方が慣れているといった職場環境でも活躍する出力機能です。

  • Webでの情報共有や、変更・改ざん等の防止のためにPDF形式での出力も可能。印刷を前提とする教材やマニュアル配布には最適な形式です。

  • 操作マニュアルや映像のキャプチャー画像を、PowerPointに出力し配布することも可能です。

  • PC操作やセミナーをeラーニング化したら、動画になっていると最高です。直感的に理解しやすい動画形式にも出力できるので「動画にしといたからこれ見といて」は必殺技になることでしょう。

  • 環境によっては見ることができないFlash形式ですが、「iTutor for eラーニング」はFlash形式ではない動画にも変換可能。多くのeラーニング環境に適用する形式です。

授業もセミナーも。

授業やセミナーの動画も、最も平易な操作でeラーニングになる

授業やセミナー。ライブ感が必要な時もありますが、そうでない時も。同じことを欠席者に見せる。あるいは出席者に復習のために見せる。そういった時にも、「iTutor for eラーニング」で授業やセミナーの動画をカンタンに作成し、共有することが可能です。

テロップ挿入はもちろん、資料と動画の共有がカンタンに制作可能です。外注に頼むべきコンテンツ作成を内製化できコストもダウン。自分でコンテンツ作成しても、納得の仕上がりに。
もちろん、動画をWebサイトやYoutubeにアップすることも可能ですし、多くのeラーニングのシステム(LMS)にコンテンツとして組み込んで配信することも可能です。

さあ、今日から「これ見といて」という人生のはじまりです。

テストや教材

選択問題や記述問題なんでも作成可能。eラーニングコンテンツ作成→テスト作成がらくらく。

手間のかかる教材の作成。一度作ったコンテンツや、一度話したセミナー内容など。
これらを再現するには非常に労力。社内で営業管理ツールや勤怠系のツールの使い方教育を何度も行うのは指導する方の時間が大きく割かれます。
セミナーや授業内容も、eラーニングコンテンツにして、どんどんテストをつくりましょう。
操作は一度きり!説明は一度きり!

認証の継続教育

ISOだって、Pマークだって楽勝。

ISOなどの各種認証のマネジメント教育のために、大切な時間とコストが大きくかかってしまいます。
「iTutor for eラーニング」は、各種認証取得継続ための教育コンテンツ作成から、それらを試験にするといった作業と非常に親和性の高いソフトウェアです。移動費、交通費、人件費の大幅コストダウンを「たった1日で」体感できます。
一般的に販売されているISOなどのeラーニング教材とは異なり自社特有規定を踏まえたコンテンツを作成し、試験することができるので、アリバイ的教育から、本当に役立つ「意味のある」教育が可能になります。

操作画面や講義内容をキャプチャして、ワードで説明を作って、
eラーニングのシステムに…

そんな日々に嫌気がさしたら、今すぐiTutorにしましょう。

すぐ使える!